人間は老化が進むと、体のあらゆるところにダメージを受けます。筋肉や内臓はもちろんのこと、脳も例外ではありません。脳は加齢とともに老化することによって、脳の神経細胞が減っていき、記憶力が低下したり、物忘れがひどくなっていきます。症状がひどくなると、徘徊や失語が見られる認知症などにもなってしまうのです。脳の細胞は一度死滅してしまうと、それ以上増えることはないので、脳の再生化は出来ません。でも、老化を防止して脳を若返らせることは可能です。脳の老化を防止するために最も重要なことは、脳を使うことです。つまり、考えるということです。ここでいう考えるとは、難しいことを考えるという意味ではなく、脳の働きを活性化させるための手段になりますよ。例えば、近年では脳をトレーニングするゲームソフトが売られていますが、これは記憶力などもアップできるので、脳の老化防止に効果があるのです。それに、音楽を聞いたり、何か新しいことを学んだりすることも脳の活性化につながります。また、運動することも脳の活性化に非常に効果があって、体を動かすことによっては脳にさまざまな刺激が与えられ、老化防止につながるでしょう。それから、毎日のワンパターンな生活も脳の老化を早めてしまう恐れがあります。なので、洗顔と歯磨きの順番を逆にしてみたり、お風呂で体を洗う順番を変更してみたりなど、意識して変化を加えることが大切です。少しの変化でも脳は活性化されるので、毎日少しずつ、何かを変えてみてください。食事の面で気をつけたいことは、十分に栄養を摂ることで、特にブドウ糖(グルコースとも呼ねれます)は脳の栄養分になるため、糖分(糖質とも呼ねれます)はしっかりと摂ることが重要です。糖尿病(症状を自覚できないこともありますが、死に至る合併症を発症するリスクが高くなります)などの恐れを気にして糖分の摂取を制限してしまうと、脳に十分な糖分が行き届かなくなり、脳の老化を進行させてしまいますー